• イメージ:ホーム
  • イメージ:YPPだからできる10のこと
  • イメージ:業務案内
  • イメージ:技術情報
  • イメージ:会社案内
  • イメージ:お問い合わせ

イメージ:データオンライン入稿

データオンライン入稿

イメージ:YPPのオンライン入稿方法のご紹介

山田写真製版所では、Eメール、FTP、宅ふぁいる便などの方法をご利用してオンライン入稿をお願いしています。
どの入稿方法が適切であるかについては、お取引の打ち合わせの際に弊社営業担当者やスタッフがご提案いたします。間違いのないデータ入稿ができるよう、入稿データと共に以下の情報が必要です。ご協力をお願いいたします。

データ入稿時に必要な情報
データ入稿時に必要な情報
  • お客様の会社名とご担当者様のお名前
  • 弊社担当者の名前(弊社担当者が確定しておられる場合)
  • ご発注物件の名称
  • 入稿データの製作環境(OS、製作ソフトウェアとバージョン)
  • 入稿データ内容についての問い合わせに対応頂けるご担当者さまへの連絡先

イメージ:Eメールからの入稿

Eメールは、データ入稿の最も手軽な通信手段です。友人に記念写真を送るのと同じ感覚で、入稿データをメールに添付して弊社受付アドレスへ送信してください。データ容量は5MBくらいを目安にしてください。5MB以上になる大容量のファイルの送信には対応できない場合がありますので了承ください。
イメージ:Eメール

イメージ:FTPからの入稿

FTPはインターネットでファイルを送受信する為の汎用的な規格です。WindowsOS、Mac OSなど、全てのパソコンOS環境でご利用になれます。FTP通信は送受信するデータ容量に制限がありません。
イメージ:ftp

FTPサーバの無償提供のご案内

弊社のお客様へは、山田写真製版所のFTPサーバを使用した以下のサービスを無償で提供しています。ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。「FTPって聞いたこともない」というお客様でも、弊社の営業担当者やスタッフが全面的にサポートいたします。

データ入稿時に必要な情報
無償提供サービス
  • 1回限りのお取引でもご利用になれます。
    (お見積りのサンプルデータ授受だけの場合でもOKです)
  • お客様ごとの専用FTPアカウントとディスクスペースをご提供します。
    (お客様のプライバシーを守ります)
  • アカウントとディスクスペースは標準1日以内にご利用可能になります。
    (1日も待てない急ぎの場合はご相談ください。可能な限り迅速に対応いたします)
  • 標準で2GBのディスク容量をご提供します。
    (それ以上の容量も事前にご相談頂ければ対応いたします)

FTPサーバサービスご利用上の注意点

  • 弊社が提供するFTPサーバサービスはお客様と弊社との一時的な大容量データの授受専用です。長期間のファイル保存は保証いたしません。
  • このサービスは180日以上ご利用実績が無い場合、一旦、アカウントとディスクスペース割り当てを削除する場合があります。弊社を再度ご利用頂く際にお申し出いただければ、無償で再開または新たにご提供いたします。

イメージ:宅ふぁいる便などのデータ転送サービスからの入稿

その他、以下のような、宅ふぁいる便などのデータ転送サービスを利用したデータオンライン入稿方法も受け付けております。ご不明な点は弊社の営業担当者やスタッフにお問い合わせください。
イメージ:宅ふぁいる便
  • 宅ふぁいる便などのファイル転送サービス。
    ご利用頻度が多いサービスをご紹介します。
  • お客様側でご用意された一般的なインターネットファイル共有サービスへの接続(WebDAV、FTPなど)
  • VPNなどセキュアな接続(但し、受注時の契約で相互が合意した場合に限ります)

イメージ:非対応のデータ入稿方法

弊社のセキュリティポリシーの都合により、以下のような通信方法には対応しておりません。

  • Windowsファイル共有(SMB、CIFS)やMacのファイル共有(Appletalk、AFP)による接続。
  • BitTorrentなどのファイル共有ネットワークへの接続。

イメージ:データオンライン入稿

  • イメージ:YPP facebook page:
  • イメージ:高さんPD日誌:
  • イメージ:データ入稿方法
  • イメージ:よくあるご質問
  • イメージ:採用情報
  • イメージ:
  • イメージ:次世代育成支援
  • イメージ:工場・設備一覧:
  • イメージ:対応アプリケーション