• イメージ:ホーム
  • イメージ:YPPだからできる10のこと
  • イメージ:業務案内
  • イメージ:技術情報
  • イメージ:会社案内
  • イメージ:お問い合わせ

イメージ:技術情報

イメージ:用紙の特性理解と選定

イメージ:用紙の選定は、印刷仕上がりに大きな影響を与えますので、内容・表現効果・印刷適性の十分な考慮が必要です

イメージ:目的に合った紙をご提案

用紙には、書籍用紙、アート・コート紙、上質紙、ファンシーペーパー「特殊用紙」の大きく4つの種類があります。中でも、デザイナーの方々によく好まれるのはファンシーペーパーで、独特の紙の肌触りが特徴です。インクの盛り次第で重なりとグロス感が出ます。
用紙とインクは密接な関係にあり、印刷の仕上がりに大きく影響します。そのため、内容・表現効果・印刷適性の十分な考慮が必要です。
ポスター等では、マット感とグロス感の調和がポイントとなりますし、ブック系では、手触り感や開いたときの感触がポイントとなります。プリンティングディレクターは、クライアントやデザインナーの方々が、「何をどのように表現したいのか」を把握し、印刷工程でのトラブルが起きにくく、目的に合った特徴の紙をご提案します。

イメージ:目的に合った紙をご提案

イメージ:本紙校正と束見本

また、印刷には「ドライダウン」という現象がつきものです。印刷直後の色調に比べて、インクが乾燥すると光沢がなくなり、色調が沈む現象です。したがって、色調が厳しく問われる場合には「本紙校正」が必要となります。DDCPなどの簡易プルーフでは、ドライダウンの度合いが予測できないからです。
ブック系では「束見本」をつくることも重要です。紙の厚みの計算だけでは実際の背幅が変わってくることが多いので、必ず束見本を作成し、実際の背幅や体裁を確認します。オフセット印刷用紙には何百何千の種類があり、それぞれに特性がありますので、よく特性を理解して選定することが重要です。

イメージ:特殊印刷と特殊加工の技術
イメージ:本紙校正と束見本